大学編入試験について

大学編入試験の時期

2年次編入と3年次編入のどちらを受験するかによって、編入学試験の時期は異なります。

編入試験
試験時期
勉強の開始時期
2年次編入
大学1年次の秋から春
大学入学直後からの勉強が必要
3年次編入
大学2年次の秋から春
1年次の終わりくらいから

 

もし2年次編入を希望するような場合は、大学入学後すぐに受験の準備をする必要があります。

 

試験科目

大学編入試験では、英語・小論文・面接と言うパターンが一般的です。
大学や学部によってはこれに専門(基礎レベル)が加わります(英語・専門・小論文と言うパターンも見られます)。
いずれにしても、一般入試とは異なる基準で選考します。従って、一般入試ではとても入れないような難関大学でも、勉強の仕方によっては入れる可能性が出てきます。
実際、日本編入学院の講座を受講された方の中には、旧帝大や難関私立大学に合格された方が数多くいらっしゃいます。

 

【英語】

一般英語が出題されることもありますが、専門に関連した内容の英文も多く出ます。
長文の読解問題、和訳問題が中心で、一般入試のような細かい文法問題はあまり出されず、総合力が問われます。
和訳問題では、読解力のみならず、訳出した日本語表現能力もチェックされます。

 

【小論文】

 

文章力・思考力を見られます。併せて人間性・世界観・人生観を見られることもあります。
また、専門に関する基礎知識が必要になることも少なくないので、その対策が必要です。

小論文・志望理由書の書き方 >>

 

【専門】

 

大学によっては専門科目の試験が行われます。ただし、それほど高度な内容のものは出ません。基礎的レベルを押さえておけば十分でしょう。

 

【面接】

 

編入試験に於いては面接がかなり重要視されます。と言うのも、編入試験では、学力だけではなく受験生の人間性・生き方なども選考の重要な対象になるからです。
一般入試とは異なる人材を学生として受け入れたいと言う思いが、大学側にはあります。

 

資料請求はこちら

カウンセリング予約はこちら


〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-7-14VORT青山2F

〒533-0031
大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル4F

《日本全国で学べます》
沖縄・九州・四国・中国・関西・東海・北陸・甲信越・関東・東北・北海道

そのまんま東さんの本で、日本編入学院が紹介されています。

「いろいろ調べて、日本編入学院という予備校があるのを見つけた。(中略)
編入学院では徹底的にしごかれた。小論文がこれほど難しいものとは思わなかった。(中略)
先生から添削で細かく注意を受け、論文らしい文章にすることを学んだ。」(p.75-76より)



スカイプ授業
学院長インタビュー

ブランクがあっても
結果が出る方法、
教えます!

ビジネスマンや主婦、リタイアした人にいたるまで延べ6000人以上を指導してきた著者が初めて明かす、大人だからこその勉強法とは?

講師募集
チャイルド・ファンド・ジャパン