学院長挨拶

presi 私が大学院の学生だった頃に疑問に思っていたことがあります。それは「18歳前後に受けた大学入試の結果でその後の人生のコースが決まってしまうなどというのは、あまりにも前近代的な教育のありようではないか」ということでした。アメリカでは、当時既に様々な年代の人が大学や大学院で学んでいました。学ぶのに年齢は関係ありません。学びたい時が学びに適した時で、それは人によって違いますいつでも学びたい時に学べる」そんな環境を創りたいという想いが募りました。             当時まだ日本では、社会人が改めて勉強したいと思ってもその受け皿がなく、情報もありませんでした。また、大学生にしても、自分のいる大学に不満があって他の大学に移りたいといった時に、なかなか必要な情報が得られませんでした。 そこで、高校卒業後社会に出て改めて大学に入ろうとしている人、別の大学に入り直そうとしている人、大学院に進学したいと思っている人など、一人ひとりの想いに向き合い、夢を叶えるお手伝いをしたいと、1989年2月に日本編入学院を立ち上げました。ちょうどこの年の11月9日に、ベルリンの壁が崩壊するという歴史的な出来事がありました。まさに東西の冷戦の構造が瓦解したわけで、これは私が目指す、硬直化した日本の教育システムを変える、教育の民主化、教育の自由化の象徴となるような、一種のシンクロニシティーといえる出来事ではないかと感じ、大いに勇気づけられたのを覚えています。                                                                                                                                                     以来20数年、たくさんの生徒さんを合格に導いてきました。これは当校独自の少人数制ゼミ授業個別指導によるところが大きいと思います。 日本編入学院は「個」を大切にします。ご質問・ご相談にはいつでも対応させていただきますので、遠慮なくご連絡ください。                                                                                                                                                                                                                                                                 資料請求はこちら   カウンセリング予約はこちら                                                                                      

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-7-14VORT青山2F

〒533-0031
大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル4F

《日本全国で学べます》
沖縄・九州・四国・中国・関西・東海・北陸・甲信越・関東・東北・北海道

そのまんま東さんの本で、日本編入学院が紹介されています。

「いろいろ調べて、日本編入学院という予備校があるのを見つけた。(中略)
編入学院では徹底的にしごかれた。小論文がこれほど難しいものとは思わなかった。(中略)
先生から添削で細かく注意を受け、論文らしい文章にすることを学んだ。」(p.75-76より)



スカイプ授業
学院長インタビュー

ブランクがあっても
結果が出る方法、
教えます!

ビジネスマンや主婦、リタイアした人にいたるまで延べ6000人以上を指導してきた著者が初めて明かす、大人だからこその勉強法とは?

講師募集
チャイルド・ファンド・ジャパン