• 日本編入学院TOP
  • >
  • コース案内
  • >
  • 臨床心理士 | 指定大学院受験
  • >
  • 公認心理師資格取得対策

公認心理師資格取得対策

[大学で心理学を専攻した(している)方]
公認心理師養成大学院の入試に向けた対策を行います。
「公認心理師のカリキュラム等検討会の報告書から予測できることですが、臨床心理士指定大学院入試に比して基礎心理学や精神医学の出題の割合が増大すると思われます。
日本編入学院の臨床心理士指定大学院受験コースのカリキュラムには既にこれらの内容が含まれています。また、公認心理師を目指す方にはさらに公認心理師養成大学院受験に特化した個別指導等のカリキュラムを用意していますので、受験対策は万全です。

 

[大学で心理学を専攻していない方]

公認心理師に対応した大学(心理学科)への編入試験対策を行います。

心理系大学編入受験コースはこちら

 

公認心理師と臨床心理士はこちら

 

[(現任者・臨床心理士など、経過措置により)公認心理師資格試験の受験資格を既にお持ちの方]

資格試験に向けた受験対策を行います。

公認心理師試験に関する詳細
出題範囲 :出題範囲として詳細な科目は定めず、 「公認心理師として具有すべき知識及び技能」について出題する。 医師国家試験の出題基準(※1)及びブループリント(※2)に相当するものを作 成し、出題に際して準拠する基準とする。 法附則第2条第2項に定める者(いわゆる現任者)について、同条第3項 において科目の一部を免除することができると規定されているが、出題範囲として詳細な科目を定めないこととするため、科目の一部免除も行わないこととする。

※1 出題基準…国家試験の「妥当な範囲」と「適切なレベル」を項目によって整理したもの。
※2 ブループリント…出題基準の各項目(章、大項目等)の出題割合を示したもの

試験の実施方法等 :全問マークシート方式とし、1日間で実施可能な範囲(実施時間として合 計 300 分程度を上限)で 150~200 問程度を出題する。また、試験問題のうち、 ケース問題を可能な限り多く出題する。なお、試験の実施時間は、1問当た り1分(ケース問題については同3分)を目安とする。公認心理師としての 基本的姿勢を含めた基本的能力を主題とする問題と、それ以外の問題を設け る。 障害のある受験者については、回答方法等、受験上の配慮をする。

合格基準 全体の正答率は 60%程度以上を基準とする。基本的能力を主題とする問題 の正答率は、試験の実施状況を踏まえ、将来的に基準となる正答率を定める。

試験実施時期 :第1回は平成 30 年 12 月までに実施する。 ・第2回以降の試験実施時期は今後検討する。 (試験は年に1回の実施と する。) ただし、いわゆる現任者の受験資格が認められるのは法の施行後5年間であることに留意する。

 

資料請求はこちら

カウンセリング予約はこちら


〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-7-14VORT青山2F

〒533-0031
大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル4F

《日本全国で学べます》
沖縄・九州・四国・中国・関西・東海・北陸・甲信越・関東・東北・北海道

そのまんま東さんの本で、日本編入学院が紹介されています。

「いろいろ調べて、日本編入学院という予備校があるのを見つけた。(中略)
編入学院では徹底的にしごかれた。小論文がこれほど難しいものとは思わなかった。(中略)
先生から添削で細かく注意を受け、論文らしい文章にすることを学んだ。」(p.75-76より)



スカイプ授業
学院長インタビュー

ブランクがあっても
結果が出る方法、
教えます!

ビジネスマンや主婦、リタイアした人にいたるまで延べ6000人以上を指導してきた著者が初めて明かす、大人だからこその勉強法とは?

講師募集
チャイルド・ファンド・ジャパン